【うる肌小顔の秘密】No21  〜お肌を内からきれいにしたい〜

こんにちは。
『お肌の悩み110番 アジュバン倶楽部』の平根です。

まだまだ暑い日が続きますね。 いかがお過ごしですか?

しばらくご無沙汰をしてしまい、申し訳ありませんでした。

「アジュバン倶楽部」も夏休みをいただき、私は元気を充電してきました。

いや〜、八ヶ岳、良かったです!!

久しぶりに時間を気にせず、のんびり過ごしました。

さて、今日も「うる肌」のお話を始めましょう。

今回は、ニキビや吹き出物と「生理」の関係です。

経験のある方もいらっしゃると思いますが、

生理(女性ホルモン)と肌には深い関係があります。

そこで、問題です。

Q : ニキビや吹き出物が出来やすい時期は、次のうちどれでしょう?

    1. 生理前
    2. 生理中
    3. 生理後

さて、答えは? (チッチッチッチッ・・←くどいようですが、秒を刻んでいます)

「1番」!!!

「正解です!!」

こんなの当たり前??

でも、この“当たり前なこと”に苦労されている方って、結構多いんですよ。

女性ホルモンの中でも、黄体ホルモンは排卵後から次の生理が始まるまでの期間に

活発に分泌されます。

この生理前の黄体期は、ホルモンバランスや肌のターンオーバーも乱れがちです。

そして、肌の抵抗力が弱まり、雑菌が侵入しやすくもなります。

このために、肌にトラブルが起こりやすくなり、

肌荒れやニキビが出来やすくなったりもします。

生理不順がある方には、内からのケアをお奨めします。

なぜなら、表面だけの『お肌の手入れ』では、肌の状態が良くなりにくいからです。

内外美容の大切さは、ここにあります。

実際に、生理不順の方にお奨めなのは、「大豆イソフラボン」などです。

是非、内からのケアを行ってください。

お肌の悩みはアジュバン倶楽部へご相談下さい。


今回の話はここまでです。

次回をお楽しみに!!

 


© 2005, suhada110.com All Rights Reserved.