【うる肌小顔の秘密】 No22 〜業界裏話〜

こんにちは。

『お肌の悩み110番 アジュバン倶楽部』 の平根です。

9月になって、幾分過ごしやすくなってきましたが、いかがお過ごしですか?

最近、夜になると虫の音がよく聞こえてきます。

我が家は、神奈川の某山の麓にあるので、虫の音がよく

聞こえます。(←田舎ってことです)

あらためて耳を傾けてみると虫の音っていいものですね。

心が和みます・・・。

 

さて、今日のお話は・・・・。

実は、『内からの美肌作り』の話をしてから、

多くのお問い合わせをいただきます。

その中で、特に多かったのが、“サプリメントの選び方”の基準です。

「サプリメントはどこも同じでしょう?」

「同じサプリメントで何故、こんなに価格に差が出るのか?」 ・・・等々です。

例えば、最近よく耳にする、「コエンザイムQ10」 について考えてみましょう。

  ※今日お話することは、業界の裏話です。

(↑知ったら怖い話です。全て事実です)

サプリメントは、原材料に 
・エキス末
・粉末
・油
・抽出物

など、色々な規格があります。

その材料によっては、実は「10%規格」 ・ 「20%規格」などの

低いパーセントの規格が存在するのです。

◆たとえば、あるメーカーが、 

「10%規格」で、 「コエンザイムQ10エキス末」を原材料とし、

「コエンザイムQ10、10mg含有」というサプリメントを製造している場合。

   ⇒ 本来、純粋なコエンザイムQ10の含有量としては、

     10%のmgのはずですが、

     なんと、法律上は 『コエンザイムQ10含有量1mg』 と

     記載して問題ない。

ですから、メーカーは当然そう記載しているのです。

◆ 同じように「20%規格」で製造した場合はどうでしょう。

   ⇒ 本来、純粋な「コエンザイムQ10」の量は2mgしか入っていない

     にもかかわらず、

     前述と同様、「コエンザイムQ10含有量10mg」との記載が

     出来てしまうのです。

 

「う〜ん、怖い話ですね〜」

少し、私の説明がわかりにくかったかもしれません。

つまり、ボトルに「○○mg含有」と表示されていても、

本当はそんなに入っていないことも、

ある!!      ということです。

私たちは、サプリメントのラベルのどこを探してみても、

何%規格かなんて書いてありませんし、

もちろん、本当の含有量はわからないのが現状・・・。

あなたの摂られているサプリメントは大丈夫?

とはいっても、皆さんに見分ける手段はなく、

メーカーのモラルということになりますね〜。

なので、あまり安いサプリメントには気をつけたほうがいいかもしれません。

サプリメントの価格差は、こんなところに反映していますから・・・・。

今回の話はここまでです。

次回をお楽しみに!!

 

☆ 発行者  『お肌の悩み110番 アジュバン倶楽部』 ☆

Webサイト  http://www.suhada110.com

お問合せ   info@suhada110.com

メルマガの解除はこちらから ↓
http:/www.suhada110.com/main/mag.html



© 2005, suhada110.com All Rights Reserved.