【うる肌小顔の秘密】No25 〜本当に肌にいいことしてますか?2〜

こんにちは。
『お肌の悩み110番 アジュバン倶楽部』 の平根です。

ようやく過ごしやすい季節になってきましたね。

いかがお過ごしですか ?

最近、美味しいシャンパンとビールをまた、買ってしまいました。

う〜ん、出費が多すぎる・・・。涙。。

10月は締まっていこうと思うこのごろです。

でも、皆さんには、しっかりご紹介してしまいます。

私がお勧めしたい、おいしいお酒や食べ物はこちらのブログから。
http://www.suhada110.com/blog/

さて、今回も 『肌トラブルの原因』 についてお話させていただきます。

「肌トラブルを起こす原因は、化粧品だけではありません。2」
(↑パチパチパチパチ)

前回に続き、“顔にでるブツブツ”の原因について、

皆さんに知っていただきたいと思います。

「うる肌」おすすめのアジュバン化粧品は、

皮膚科の鄭先生開発のお肌に優しい化粧品です。

そのため、お肌が弱くてお悩みの方、

アトピー肌や乾燥肌、敏感肌でお悩みの方から

私どものサイトへのご質問をたくさんいただいたので、

今回は 「ステロイド剤とお肌のトラブル」について書くことにいたしました。

ステロイド剤を今までご使用になったことがある方はもちろんですが、

お使いになったことのない方も、ご本人に限らず周りの方が

使わなくてはならないことがあるかもしれません。

ぜひ、知っておいていただきたいと思います。

このメルマガをお読みいただいているあなたは

以前に 『ホルモン剤を使用していた』 ことはありますか?

「ホルモン剤」というと婦人科の治療でつかわれる薬を

イメージされる方も多いと思いますが、

アトピーの治療で使用されるステロイド剤などもホルモン剤に含まれます。

また、口唇炎の塗り薬 「ケナログ」(口内炎治療薬としてご存知の方も多いかもしれません)も、

これに含まれます。

もし、以前にこれら、ホルモン(ステロイド等)を含んだ化粧品や薬品を使用されていた場合、

そのホルモン剤によって、肌の症状(炎症やカユミ)を抑えていたのです。

その使用を中止した時に、「リバウンド」として肌トラブルが発生しやすくなります。

そのリバウンドが、「肌のブツブツ」や、「肌の赤み」となります。

ご存知の通り、ステロイド剤に関しては、副作用が指摘されています。

使用には充分に気をつけ常用しないことが大切です。

その副作用による肌トラブルも、とても多いのです。

ホルモン剤、ステロイド剤は、充分気をつけて必ずかかりつけの先生の指示に舌がた正しくご使用下さい。

では、今日はここまでです。

次回も、さらに肌トラブルについてお話します。

お楽しみに!!

☆ 発行者  『お肌の悩み110番 アジュバン倶楽部』 ☆
Webサイト  http://www.suhada110.com

お問合せ   info@suhada110.com

メルマガの解除はこちらから ↓
http:/www.suhada110.com/main/mag.html



© 2005, suhada110.com All Rights Reserved.